Facebookページ

© たまきたWEB All rights reserved.

餅は丸いか四角いか

私は熊本県の出身で、19歳の時に東京に出てきた。

東京に出てきて驚いた事はたくさんある。人が多いとか、交通が便利だとか、みんなが標準語をしゃべっているとかいうこともあるけれども、食べ物に関する違いのインパクトはことさら大きかった。

夏にはナス。熊本で食べていたナスは長さが50センチくらいあった。50センチのナスしか見たことがなかった。

東京のスーパーで売っていたナスは10センチくらいのが5本入りだった。

「…は…?」

種類が違うだけだけど、熊本で短いナスは見たことがなかった。

そしてお正月が近づくと、スーパーで四角い餅を売っているのを見た。

「そんばバカな!」

という衝撃だった。おおげさじゃない。本当にびっくりした。西と東の違いと今では知っているけど、当時四角い餅なんて見たことがなかった。熊本では餅つきをしたら、ちぎって丸めるものなのだ。

「東京では、もちをちぎって四角く整えているのか? なんて面倒な…」

と思っていた。ちぎる以外の方法がまったく思いつかなかった。のばして切ると聞いて、「切り餅」という言葉の記憶にやっとたどり着いた。

 

以前、全国のお雑煮を集めた本を読んだことがある。しょうゆ味だったり、あんこ餅が入っていたり、地域によっていろいろだ。

そういえば昔、父が新婚時代の思い出話で、「お母さんがお雑煮にあんこ餅を入れてな、あれはたまがったな(びっくりしたな)」と笑っていたが、母はどこかで白味噌で味つけするあんこ餅のお雑煮(香川県で食べられているらしい)を知ってそれを作ったのかもしれない。

非常識だと笑われることは、どこかでは常識だったり、そのうち常識になっていたりする。

~大晦日も『編集長あやめ日報』にお付き合いくださった方々、ありがとうございます。どうぞ良いお年をお迎えください~

 

■たまきた編集長×ことの葉舎代表取締役 原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

多摩湖ですれ違いざま手を上げ合う連帯感

私はたまにジョギングをする。 数年前、運動しようと思い立ち、10キロのマラソン大会に出ることを…

たまきた「PAPER商店街」

たまきた「PAPER商店街」は、たまきた地域内(武蔵村山市・東大和市・小平市・東村山市)の事業者様限…

ぽっとらっくキッチンvol.2 @森田オープンガーデン

☆花盛りの人気オープンガーデン ☆春の新じゃがいもで簡単パンづくり&試食 ☆絵本作家さん…

たまきたお取り寄せをはじめました

情報誌やチラシなどの印刷物はポスティングや折込などいろいろな配布方法がありますが、『たまきたPAPE…

☆ぽっとらっくキッチンvol.1 開催☆

「おはなしレシピ ぽっとらっくカフェ」(『たまきたPAPER』)presents ☆ぽ…

ページ上部へ戻る