Facebookページ

© たまきたWEB All rights reserved.

玉川上水沿いのうつくしきもの

たまきた編集部から10分ほど歩くと玉川上水緑道に出られる。よくここをジョギングをしている。

ジョギングなのに、よく立ち止まってしまう。派手さはないが、小さくてかわいいもの、きれいなものが、たびたび出現するからだ。

(うつくしきもの、というのは古文でいう「小さいかわいいもの」というつもりで書いている)

上の写真はボケの花。花弁の厚みとマット感と色合い、こんなに好ましいのに「ぼけ」とはと思ったが、「ほかの花が咲かない時期に咲くからぼけ」といういわれのほかに、漢字表記の「木瓜(もっけ)」が変化して「ぼけ」という、という説もある。

花言葉は、「先駆者」。

ほかのまだ花が咲いていないときに咲くものは、「ぼけ」か、「先駆者」か。

もうひとつ、玉川上水近くのうつくしきもの。

ハトの影が鳥型のコートを着た女の子の影絵のように見えた。

こんなささやかなものを見つけては、頭の中であれこれ想像して遊ぶ。

■たまきた編集長×ことの葉舎代表取締役 原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

話題のお菓子・N.Yキャラメルサンド

先日のたまきた新年会で、デザイナーのWさんがみんなに一つずつくれたニューヨークキャラメルサンド。東京…

日本エレキテル連合凱旋ライブ@東村山

昨日は、たまきた冬号でインタビューした、日本エレキテル連合の凱旋ライブに行ってきた。 久しぶりの生…

そこにいることは当然じゃない

「続けることが大事」というけれども、結構難しいことだなと最近思う。 お店とか、サービスとか、人…

一橋学園付近を歩く

今日はAMお打ち合わせをしたあと、一橋学園駅付近のお店などに、たまきたを持ってご挨拶。 20代…

在宅ワークの呼び名

昨日の投稿をしてから、在宅ワークの○○というので、いろいろやっていたのだった…と思い返していると同時…

ページ上部へ戻る