Facebookページ

© たまきたWEB All rights reserved.

たまきた食べ歩き~東村山市・手打ちうどん こげら~

先日、武蔵野うどんのお店を全部食べ歩こう!と目的のお店に出かけたら、なんとたまたま臨時休業…。

でもその帰りに、なんだかおもしろそうなお店があったので行ってみました。

ただ、のれんは「讃岐うどん」。たまきたの地域で、讃岐うどんの人気店もいくつかあるんです。

ここはひとつ、勢いで入ってみました。

 

店内に入ると、「食器の片付けはセルフで…」という張り紙。ご主人が1人でやっているお店だからだそうです。先に来ていたお客さんたちは、慣れた感じで片付けていました。

 

 

メニューを見て、びっくり。安いです。かけうどん(小)200円、(中)300円。しょうゆうどん、かまたまうどんなども同じです。天ぷらもほしかったので、食べられるかな?と思いつつ、うどんとTKG(たまごかけごはん)と天ぷらの「こげらセット」にしてみました。なんとこのセットで500円です!

カウンター席にいたのですが、ふと振り返ると「多摩湖かけごはん」と書かれた紙が。

「あのー多摩湖かけごはんとは?」と大将に聞いてみると、

「ちくわの天ぷらを多摩湖の貯水塔に見立てるんです。卵が湖になっていて」

「面白いですね! ではそれにします!」

とTKGを+50円で多摩湖かけごはんにしてもらいました。天ぷらはいかげその天ぷらにして、+100円でれんこんの天ぷらも。

 

数分で、まず天ぷらと多摩湖かけごはんが来ました。

多摩湖かけごはんは、だしごはんのダムを卵の湖と混ぜながら崩すようにして食べます。だしごはん、うまみしっかりで卵とよくあいます。

いかげその天ぷらが大きい! キッチンはさみが付いてきます。親切! 大きないかげそにかぶりつけない女子な(?)記者にはとってもありがたかったです。サクサクして、おまけのねぎの天ぷらもついてきて、ボリューム満点です。

さて、これだけでなかなかお腹いっぱいかもしれない…と思いながら、おいしいのでどんどん食べます。

そして、うどんがやってきました。

 

「みみ」が付いています。…ということは武蔵野うどん? でもおつゆは糧うどんではなく、シンプルなおつゆにねぎです。

出汁には、東村山市の豊島屋酒造さんの仕込み水を使っているとのこと。富士山の伏流水なんだそうです。

かなり太い麺でもちもち。写真は(並)サイズのうどんです。

お店で打っているうどんに、目の前で揚がる天ぷらとこだわりのお出汁。それで、こんなに食べても650円! かなりコスパよしです!

 

男性が多い感じのお店で最初はちょっとオタオタしましたが、「食器はこうやって片付けるんで大丈夫ですか!?」などなど気軽に聞ける感じの大将なので、すぐに居心地よくなりました。

しっかり完食しておなかいっぱい。ごちそうさまでした!

 

追伸:店内には、店名にもなっている「こげら」の写真や双眼鏡があります。周辺で野鳥が見られるのだそうです。

 

食べログの「こげら」ページ

Facebookページ

 

地図はこちら

東京都 東村山市 富士見町 2-6-72

関連記事

コメントは利用できません。

一橋学園付近を歩く

今日はAMお打ち合わせをしたあと、一橋学園駅付近のお店などに、たまきたを持ってご挨拶。 20代…

在宅ワークの呼び名

昨日の投稿をしてから、在宅ワークの○○というので、いろいろやっていたのだった…と思い返していると同時…

「包摂的起業」として取材を受ける

昨日、ご縁があって経済産業省の方々(3人いらっしゃった)に取材を受けた。国際会議で「包摂的起業」に関…

月曜日の朝のなりたい気分

何かの始まりをどう過ごすかに、最近注目し始めた。昔はお正月とか新学期とか週明けとかそういうことにこだ…

山と街が交差する・そんなすぐにキャッチは出ない

武蔵村山に来ると、急に空が広い気がする。今日は富士山が積雪していて、光って見えた。 某ショッピング…

ページ上部へ戻る