編集部ブログ

たまきたランチ会

今日は、たまきたの配達などなどをしてくれている皆さんと、恒例のランチ会でした。久しぶりに、玉川上水駅そばの「玉上岡元」にて。

ちょっと前と店の空気が違う気がして、給仕(ホールスタッフというより給仕という感じがした)の方がワインの置き場所による室温設定の違いなども説明されていたので、「オーナーですか?」と聞いたら「店長です…実は2週間前に来たばかりで」とのこと。店長が変わると、お店はがらっと変わるんですよね。

ポークロースト、お魚(赤魚?)もおいしかった。バジルソース大好きなのでうれしいです。

たまきたの話をみんなでして、楽しみました。私は行かねばならないところがあって中座しましたが、そのあとみんなで「ことの葉舎の事務所を大きくしよう」「たまきたMarketを次はこうしよう、ああしよう」と盛り上がったらしい。

うれしいですね。みんなが、ことの葉舎の未来を考えてくれている、しかも楽しく、自らの夢のように。やりたいこと、たくさんありますよね。初めての開催で暗中模索の中、とにかく手を抜かずにやったMarketも、いろいろな人に楽しみと夢が生まれるものになったみたいです。終わって1カ月たつけれども、いろいろな人がいまだに「楽しかった!」って言ってくれる。次の開催を夢見ているみたいです。出てくれた人たち、関わってくれた人たちもいい人ばかりで、ああ、これは最高にいい思い出ですね。いまだに、Instagramの #たまきたマーケット タグの写真を見ると、幸せです。

そういえば写真を撮るのをまた忘れて中座したんですが、撮っておいてください!って頼んだら送られてきた写真が、また本当に楽しそうで。

自分が立ち上げたことを、一緒にやってくれている人たちが、こんなに楽しそうな顔をするって、涙が出る。幸せを感じます。この笑顔があって、それで、みんなでこうやって商売してみよう!と言い合える。一人じゃないなーと思いました(キラキラの笑顔を見てほしいのですが、アップであってみんなきれいで、WEBだと拡散するし女性だからなんか心配なので今日は出さない)。

人によるでしょうけど年の瀬、経営者としてはいろいろ考えなければならないこと、やらなければいけないこと、払わなければならないもの(…)がたくさんあって、ため息も出るっていうところなんですが、かなり元気が出ました。みんな、ありがとう!

来年、もっと大きくなって、もっと楽しくなろう。そのために今年、あと少し、走りきります。

▼昨日の、令和最後の満月と、昨日、今日の紅葉と寒い中頑張って魚を捕るカモ。もう過ぎていってしまうので、関連なくても今日出しておきます。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

おすすめ商品

  1. 『たまきたPAPER』2019年春号
  2. 『たまきたPAPER』2019年秋号
  3. 『たまきたPAPER』2018-19年冬号
  4. 『たまきたPAPER』2019年夏号
ページ上部へ戻る