編集部ブログ

東村山市・かなりプチトリップ

今日は、たまきた 冬号の取材で東村山市の某所に行っていまして、その近くの徳蔵寺に立ち寄りました。板碑保存館、行ってみたかったんです。新田義貞に関わる貴重な資料や板碑、東村山市の歴史に関わるあれこれが保存されています。石器や土偶もありました。

少し紅葉もしていて、静かで、京都を思い出しました。東村山市は神社仏閣、貴重な建造物もあって、旅のしがいがあります。以前、たまきた で開催したツアーでもいくつか立ち寄りましたが、個性的で、広すぎなくて、歩いて回るのに最適でした。

徳蔵寺の前の、パン屋さん・マドンナにも行きました。

そういえば、取材先で聞いたのですが「マドンナ」さんは昔の屋号で言うと「寺前」、「寺前」と言うとあそこだ、と分かるんだそうです。取材先にも、屋号がありました。それは冬号で書きますね。

東村山市のキャラクター、「ひがっしー」のクリームパン。形が可愛いだけではなく、クリームもおいしい。

のぼりでPRされていた塩あんぱん。塩がきいていて、このサイズなので、次々と食べられます。2個入りじゃなくて、5個入りにしておいてよかった。

縄文土偶パン。天然酵母。まだ食べてません。明日食べます。

下版があれこれ近いもので取材30分、徳蔵寺10分、パン屋さん5分という感じでしたが、楽しかった。取材も、東村山のローカルフードの取材でしたしね。これも旅。取材にからめて必死で遊んでいますが、これも今後の記事に生きるわけなので、もちろん仕事です。仕事、楽しい。

おかげで、おととい、今日と取材した原稿が一気に書けました。明日は新しいイベント告知と広告を仕上げます。

原田あやめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ねこまん教訓カード

おすすめ商品

  1. 『たまきたPAPER』2019年秋号
  2. 『たまきたPAPER』2018-19年冬号
  3. 『たまきたPAPER』2019年夏号
  4. 『たまきたPAPER』2019年春号
ページ上部へ戻る